助教授!

 火村ドラマに注目してます。原作はそれほど嵌らなかったのですが、一応半分くらい既読、かな。最近のは読んでない。
 ドラマには、原作より生きづらそうな助教授と、こちらはわりと原作よりの有栖川さんがいます。
 有栖川さんが朝市(窪田正 孝)さんだったのは嬉しい誤算。予告見たときには「有栖が朝市さん? ちょっとイメージ違うわ」と思っていたのですが、ドラマでは軽妙なアリスっぷりです眼福眼福。
 斉藤さんも、うん…。正直いまいち顔と名前が一致しなかった俳優さんだったのですが、今後はきちんと見分けられると思う。
 というか助教授、二話目でも言われていたけど、金田一が入ってるよ。それか猫丸先輩。あのコートと天パはなんだろう。
 私、助教授は長谷 川博巳さんがよかったな! 細身のスーツでネクタイ緩くしてほしいなあ。あの笑ってない眼でアリスと漫才してほしいわぁ。
 あと助教授は、「この犯罪は美しくない」っていうあの台詞は、有栖川先生、どうしてOK出したんだろう。助教授の人物像が根底から覆る気がするんだが…。

 などなど色々つっこみいれつつ、日曜日の放映が楽しみで楽しみでしかたないです。平日は録画したドラマを見返すくらい楽しみ。



 映画。
 パディントン、を見てきました!
 生真面目で、そのまじめさがどこか滑稽なクマの物語。ビジュアルが素敵です。ぬいぐるみじゃなくて本もののクマ、という感じがして。 
 いかにも、な笑いどころもあるけど、どこか皮肉っぽい笑いどころもあったりして、いかにも英国的。
 見終わったあと、ほっこりと幸せになれる映画でした。
 

 

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック